ホーム > 注文建築 > MAC工法 > NO.1

注文建築

注文建築

水平剛力(横揺れに対する強度)に優れた床下構造 >>
頑丈な基礎構造(フルベースベタ基礎) >>
柱・梁は無垢材の1.5倍の強度性能 >>
基礎パッキンにて床下部分への通気性を1.5倍から2倍にアップ >>
プレカットにて飛躍的な部材加工精度を実現 >>
ハイブリッド工法による更なる耐震性能の向上 >>
高耐久・高耐震性能 >>
人に優しい・自然に優しい >>
維持管理性能・防音対策 >>
高気密・高断熱 >>
火災に強く・丈夫で長持ち >>
水平剛力(横揺れに対する強度)に優れた床下構造
マック工法の最大の特徴でもある床下部分には、通常の5.4倍もの太さの根太を、細かく等間隔に組み合わせ、その上に15ミリ厚の構造用合板を貼ることにより、床構造全体で地震や横揺れにその耐震性を発揮します。
また、2階床下には通常の2~3倍入る太い梁に、階下への音に配慮し、遮音シートを全面に敷きこんだ3重構造を採用しているため、水平剛力や遮音性にも優れた床組みを実現しています。

このように1・2階とも頑丈な床構造のため、グランドピアノや金庫等の重たいものでも、特別な補強を施す必要なく建物内どこにでも自由に配置することが可能です。
MAC工法   施工手順案内   施工事例集   アフターサービス